1、著名人から愛される小松石

多くの著名人が小松石でお墓を建立しています。

  • 手塚 治虫
  • 美空 ひばり
  • 芥川 龍之介
  • 横山 大観
  • 源 頼朝
  • 二宮 尊徳
  • 志賀 直哉
  • 林家 三平
  • 力道山

なぜ、これほどまでに著名人から小松石は選ばれるのでしょうか?

それは小松石が、さまざまな表情(色味・シマ模様・流れ)を持った石であるということです。同じ人間が存在しないように小松石も同じ石が存在しないのです。そしてそれらが年月を経てさらに深い味わいに変化して行きます。

著名人から愛される理由はそこにあるのではないでしょうか。

そしてもう一つ言えば「石屋(関東)が自分のお墓は小松石でつくる」という事です。もちろんすべての石屋がそうする訳ではありませんが、私の知る限りでは小松石でお墓を建てる石屋は非常に多いです。プロ中のプロが選ぶ小松石を是非、堪能してください。

小松石で建立された著名人(五十音順)
名前 職業・他 所在地
芥川龍之介 作家 慈眼寺 (豊島区)
安藤広重 浮世絵師 東岳寺 (足立区)
泉鏡花 作家 雑司が谷霊園
市川団十郎 歌舞伎俳優 青山霊園
伊能忠敬 天文学・測量学者 源空寺 (台東区)
内田魯庵 小説家 多磨霊園
江戸家猫八 落語家 雑司が谷霊園
榎本武揚 政治家 吉祥寺 (文京区)
お岩   妙行寺 (豊島区)
岡倉天心 美術・行政家 染井霊園
岡本かの子 作家 多磨霊園
荻野吟子 女医 雑司が谷霊園
尾崎紅葉 作家 青山霊園
春日局 家光乳母 麟祥院 (文京区)
片岡市蔵 歌舞伎俳優 池上本門寺
葛飾北斎 浮世絵師 誓教寺 (台東区)
勝新太郎 俳優 蓮乗寺 (港区)
金田一京助 文学者 雑司が谷霊園
小泉八雲 作家 雑司が谷霊園
幸田露伴 作家 池上本門寺
古今亭志ん生 落語家  還国寺 (文京区)
近藤勇 新撰組局長 龍源寺 (三鷹市)
佐藤栄作 首相 和田堀廟所
三遊亭園朝 落語家 全生庵 (台東区)
志賀直哉 作家 青山霊園
渋沢栄一 実業家 谷中霊園
昭和天皇 皇室 八王子市
大正天皇 皇室 八王子市
太宰治 作家 禅林寺 (三鷹市)
千葉周作 剣士 本妙寺 (豊島区)
手塚治虫 漫画家 総禅寺 (豊島区)
遠山金四郎 南町奉行 本妙寺 (豊島区)
徳川家康 征夷大将軍 久能山東照宮
徳川信康 家康嫡男・松平家七代当主 西念寺 (新宿区)
徳川慶喜 徳川将軍 谷中墓地
永井荷風 作家 雑司が谷霊園
中浜(ジョン)万次郎 文学者 雑司が谷霊園
二宮尊徳 農政家 今市市
服部半蔵 徳川家家臣 西念寺 (新宿区)
林家三平 落語家 常福寺 (足立区)
樋口一葉 作家 和田堀廟所
福沢諭吉 啓蒙思想家・慶応義塾創立者 善福寺 (港区)
北条実朝 北條一族 鎌倉市
北条時頼 北條一族 鎌倉市
北条政子 北條一族 鎌倉市
水野忠邦 老中 水海道市
美空ひばり 歌手 日野公園墓地
源頼朝 征夷大将軍 鎌倉市
森鴎外 作家 禅林寺 (三鷹市)
安田善次郎 実業家 護国寺 (文京区)
山岡鐡舟 剣客・政治家 全生庵 (台東区)
山本五十六 海軍大将 長岡市
横山大観 画家 谷中霊園
力道山 プロレスラー 池上本門寺

2、小松石の歴史

小松石の誕生

約40万年前から始まった箱根古期外輪山の活動末期、今から15万年前に誕生しました。
小松石の名称は現在の真鶴駅の山側にある、小松原と呼ばれたところから、砕石されていたことからつけられました。

奈良時代 _ 756年

小松石が岐阜県養老郡時村の竜淵寺の墓石に用いられました。(科学的調査の確証が得られています)

平安時代 _ 1160年

土屋格衛が岩村(現在の真鶴町)において、石材業を創業しました。(真鶴町にある、石工先祖碑の碑文より)

鎌倉時代 _ 1192年

源頼朝が幕府を創始した際に鎌倉に大石を輸送しました。そして鎌倉の都市づくりや、寺院の建造、墓石などに用いられました。

室町時代 _ 1571年

後北条氏の支配のもと、小田原城の築城、社寺等建設が盛んとなりました。

安土桃山時代 _ 1590年

豊臣秀吉が石垣山城(一夜城)を完成しました。小田原の石屋善衛門が徳川家康により、石工棟梁を命ぜられました。

江戸時代 _ 1604年

徳川家康の江戸城入城後、改修工事が始まり、大量の石材を供出し、石材業が飛躍的に発展しました。

その後も幕府の命による、石材提供のため、紀州・尾張・水戸の御三家及び、松平家、黒田家などの大名が現在の真鶴町の各所に丁場(砕石場)を開き、石材を切り出し、江戸に送りました。

1841年

寛永寺文恭院(11代将軍家斉)の宝塔用材が切り出されました。

1853年

増上寺慎徳院(12代将軍家慶)の宝塔用材が切り出されました。

1854年

ペリーの浦賀来航によって、徳川幕府300年の安眠がにわかに崩され、あわてた幕府は、沿岸防衛のため、台場の築造を命じ品川台場の用石が切り出されました。

1866年

増上寺昭徳院(14代将軍家茂)の宝塔用材が切り出されました。

明治時代 _ 1888年

東京大学工科本館建設に小松石が用いられました。

昭和時代

1927年

宮内庁図書寮、早稲田大学記念講堂の建設用材が切り出されました。

1928年

八重洲ビル建設の用材が切り出されました。

平成時代

1988年

昭和天皇武蔵野御陵玉垣用材を切り出しました。

1991年

鎌倉鶴岡八幡宮大石段修復工事用材を切り出しました。

1998年

長野善光寺石畳改修工事用材を切り出しました。

1999年

小田原城改修工事用材を切り出しました。

2003年

新橋駅舎復元工事用材を切り出しました。

2004年

皇居改修工事用材を切り出しました。

3、小松石の施工事例

本小松石 水磨 デザイン 白河石 芦野石 宇都宮市

栃木県出身の日本画家 米陀寛先生が自ら設計されたお墓です。当社の先々代とも親交があり、お墓のスケッチを何度も描き起こされていたことを思い出します。本小松石はあえて光沢を出さず水磨き。外柵は白河石芦野石

本小松石 神道型 宇都宮市

お石塔を残しての建直しとなりました。お墓の後方に大木が有り、墓域まで根が張っていましたが、無事撤去することができ、基礎もしっかり仕上がり、無事建直しのお手伝いをすることができました。
神道らしいお墓を第一に考え、お墓本来の姿である”素朴”で”力強く””気品のある”デザインを心掛けました。当家の方々より「末永く大切にしてゆきます」とのお言葉も頂き、大変光栄に思います。

お墓のお悩み、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

1.花筒を交換したい(ネジ式)
1対 1.5万円から
花立石を工場でボーリング加工(落とし込み式)
1対 2万5千円から
2.香炉を新しくしたい(白御影石)
1個 2.5万円から
3.お墓参り代行をお願いしたい
6千円(宇都宮市内)から
4.雑草対策をしたい(モルタル敷き込み)
1㎡ 3.5万円から
 上記モルタル上に透水性砂利(天然石)
追加1㎡ 3.5万円から
5.納骨をしたい
1万円
6.お墓を綺麗にしたい
4㎡墓地清掃 1.5万円から
7.塔婆立てを設置したい
1基(ステンレス製) 2.5万円から
8.墓地内植木撤去
1本 7千円から

皆様のご来店をこころよりお待ち申しあげております!!

NHK 日テレ 私たちの取り組みがマスコミに紹介されました。マスコミの皆様、ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0120-25-0120